娘は週末泊まりに行ったりするし
ちょくちょく、以前の家に行くことがあります。
(娘の荷物やら、色々…)

その時にはもちろん、水槽を見るのですが
以前、カーマが苦しそうにしていました。

2021-5-9-4

元々体が弱かったカーマ。

なぜか空気のブクブクが外されていたので
設置して帰ったのですが

次に訪れた時も、また外されている…
(ブクブクで部屋が汚れるから?)

「カーマが息苦しいからブクブクしてあげて」
「面倒みれる?」

そう聞いたら、面倒みると言ったので
連れ帰るのを諦めました。

実際、移動させて住んでいる水を変えるのも
魚たちにとっては負担になるので。


しばらくしてから、家に行くと
カーマがいない。

娘に聞くと
「実は死んだけど、お母さんに言うなと言われていた」と。



カーマを連れて帰ってたら
今も生きていただろうか…?

いや、死んでしまったことは百歩譲って
しかたなかったかもしれない。
本当に体の弱い子だったから。

でも、娘に嘘をつかせるのが・・・。





そうだ、だから私この人と離婚したんだった。

そう思うことが週に一回くらいあります。

色々不安なこともあるけど
一緒にいたら今頃違う種類の、もっと大きな不安に
襲われていただろうから、今の方が健全かな。






 ↓↓↓ LINEで更新通知が届きます 







** クリックでブログランキングに
                         ポイントが入ります。
**


rank01 rank02