大好評につき
無地マスク【薄ピンク】が完売となってしまいました。
(生地の生産も追いついていない)

今回登場するのは
無地マスク【オレンジ】です。



ピンクほどに甘いイメージではない
でも、ピンクに近いやさしいオレンジです。

巷でも、布マスクをしている人を
見かけるようになってきました。

ぽち★スカでも、リピーターさんの多いこと!

たかがマスク、されどマスク。
手芸がちょっとできる人なら
誰でも作れる物かと思っていましたが
いざ作り始めるとそういうものではないと
わかりました。

まず、手作り感が少ないように心がけています。
手作りマスクなんですけどね。
「おかんの手作り作品」を
自分や家族がするならいいけど
お客様からお金をいただいて販売するマスクに
アットホームは不要だと思っています。

まず、裁断。
ハサミは使いません。
ハサミを使うと
2020-3-21-7

ハサミの厚み分、生地が持ち上がり
その分ゆがみが生じます。
ガーゼのような柔らかい生地ならなおさら。
犬服でも、全てハサミは使っていません。


生地は全てガーゼを使用しています。

ガーゼは家庭用ミシンのように
何の調整もできないミシンでは縫いづらいので
多くの一般人が違う生地で作って販売していますが
ちゃんとした機械で、ちゃんとした技術で
ちゃんとしたガーゼのマスクを販売しています。

次に、形。
「手作り立体マスク」の型紙も色々出回っているけど
ぽち★スカでは基本的に使い捨てマスクと
似た形になるように型紙を作りました。

でも、ジャバラにはしませんでした。

なぜか?
洗って使うことが前提なので
生地が重なる部分が多いと乾きづらいからです。
衛星を目的にしているのに、その分不衛生になります。
あと、何度も使っているうちに
ジャバラの折り目が消えてだらしなくなってくると思うので。

ジャバラにしないならば、鼻の部分だけを
逆Vの形に切って覆えばいいのですが

2020-3-21-
(黒い線)

なんか、鳥のくちばしみたいだから、頬~鼻のラインも
あえてゆるやかに作っています。
(でも立体的に作っているから、隙間は少ないです)


マスクは二枚生地を縫い合わせているのですが

顔に触れる側と外側では
微妙に弧の長さが違います。
外側のほうを少し大きく。ほんの少し。
そうすることで、生地が落ち着きます。

2020-3-21-4

そして、周囲をぐるり、ギリギリのところで
コバステッチ(縁取り縫い)しています。
端から1~1.5mmくらい。
これは家庭用ミシンではできません。

2020-3-21-6

真ん中も縫っています。
多くの「手作りマスク」はそのままですが
娘のマスクで試したところ
(毎日のように洗って2年以上実験)
真ん中を縫っていたほうが、きれいな形を保っています。

あと、個人的にカッコ悪いと思うのが
ゴムの結び目が外に出てるの!

2020-3-21-5

外に出てこないよう、ゴムの通し口は
細めに縫っています。
細めに縫ってるから、ゴムを通す時に
ちょっと面倒なんだけどね(´Д`)
でも、出てきたらダセェしね(´Д`)
縫いつけちゃったら、ゴム替えれんしね(´Д`)

--

現在、ガーゼ生地やゴムが不足しています。
ガーゼはある程度確保していたのですが
ゴムは在庫限り。(まだ まぁまぁあるけど)

ということで3月頭から、色んな会社、国に
マスクゴムを発注しています。

どこが用意して、持ってこれるかわからんからね!!

発注しているとこ全部がちゃんと
ぽち★スカに持ってきたら
マスクゴムは2000mくることになります。

2kmて!!!

やりすぎたな 私!!





 ↓↓↓ LINEで更新通知が届きます 







** クリックでブログランキングに
                         ポイントが入ります。
**


rank01 rank02