昨日3月1日、やっと結果を聞きに行くことができました。

そうそう、書いていなかったのですが ホルター心電図をつけている時は
「○時○分 ごはんを作り始める」「○時○分 娘が触って飛び起きた」とか
細かく書かないといけないんです。

じゃないと、
「心拍数が上がってるけど、何で上がったのか」がわからないから。

理由なく心拍数が上がっているなら、異常だと判断できるし
ごはんのニオイがし始めたから 等理由があれば 正常だと判断できる。


そんなこんなを 丸3日分 ということで
先生も解析に時間がかかったというわけです。
ご心配いただいたみなさん、ご報告が遅くなってゴメンナサイ。

あ、ぽっちゃんはフツーに元気にしております。

2016-3-3-1.jpg
胸ははげてるけどね。


結果は 心拍数たいした問題ナシ

よかったのか悪かったのか(´Д`)
結局、倒れた原因は不明 ということに変わりはないのですが。

色々、倒れた時の状況や日ごろの生活を振り返って出た憶測が

ぽっちゃんは、甲状腺機能低下症なので チラージン(薬)を飲んでいる。
(ぽっちゃんの甲状腺機能低下症については → コチラ

倒れたのは3回とも、服薬前。

ホルター心電図中は、ちょっとした興奮状態だったので
常にそれなりの心拍数があったが、普段はもっと低くて

チラージンによって、多少心拍数が上がっていると考えられる。

(甲状腺ホルモンは心拍数と心収縮力を上げて心筋の酸素要求量を増加させる為、
高用量で服用開始すると、急性冠動脈疾患または不整脈を起こす危険性がある
Wikipediaより)

で、薬を飲む前だったから、
心拍数が下がってて
倒れたんじゃないかと。


憶測でしかないけど、とりあえず 重篤な心疾患はなさそうでよかった。

ホルター心電図中の過度のストレスで、脳圧も上がっていたため
万が一脳内の腫瘍等であれば、倒れていただろう とのこと。

まぁ、倒れ方、復帰の仕方、から見て 脳ではなさそうだな との見解だったし。


脳の腫瘍かどうかを解明するためには、MRIを撮る必要があります。

しかし、全身麻酔であること 脳の可能性は低そうだということ
失神は頻繁というわけではないということ から、今回は受けないつもりです。


結局、ぽっちゃんを しんどい目に遭わせただけになっちゃったけど…
1秒でも、長く生きられますように…




** クリックでブログランキングにポイントが入ります。 **
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

まるくん、頼りにしてるよ!

犬ブログ広場へ