北陸わんの里親探しで里親探しをしていた
ヒカルが昨日亡くなりました。

病状を簡単に説明すると「血を作る力が弱まってしまったため」です。

現地スタッフのnaomiさんが、急遽自宅で預かり面倒をみてくれていました。


名前を呼べば、雨の日でもおなかを出してゴロン~
小さいつくしの一歩後ろをついて歩き
いつも マッタリ、ほんわかした雰囲気の子でした。

2013-1-14-1.jpg

命がけで産んだ子犬を取り上げられ、売られ、
また命がけで子犬を産み…

ヒカルは人生の多くを、そうして生きてきました。


近年「ペットショップでの生体販売反対!」という動き(言葉だけかしら)が
世間に浸透してきたからか、「ブリーダーから迎えました♪」という人が
多くなってきました。

でも、よく見てみてよ。

ブリーダーって言うと聞こえはいいけど
ただの繁殖屋で子犬製造工場じゃありませんか?
単に陳列販売していないだけで、爪は伸び放題、犬の遺伝疾患も考えず
勘と経験(実は経験をつんでいるのは犬なのに)だけで
プロと言い張っているだけの人間ではありませんか?

ペットショップ反対!と言いつつあなたが買ったその犬の繁殖場は
ペットショップに卸していませんか?

目の前の自分の犬だけが幸せになればそれでいいですか?

親犬が汚い環境で苦しみながら死んでも仕方ないですか?


そんな商売をしている人間に利益を与えますか?


今後、新たに犬を飼いたいと思うなら 今一度考えてもらえると
不幸な犬が減るのです。
では、まともなブリーダーが日本にいるのか?というと
ものすごく少ないです。

誰でも犬を買う(飼う)ことができるし、
簡単な登録で誰でも犬を売る(繁殖する)ことができる。

受け皿(殺処分)ばかりに焦点が集まりますが
蛇口(繁殖)をどうにかしないと、いつまでもあふれてしまいます。

なんとかならんかなぁ、と思うところです。

一人が行動したところで、大きく変わることはありません。
でも、何もしなければ絶対に何も変わりません。


本当にかわいかったヒカル。

人間に対して いい思いをあまりしていなかったはずですが
それでも人間が大好きで、初対面の私にだって
こんなうれしい歓迎をしてくれました。



今度生まれてくる時は、100倍幸せに暮らせるようなところに
生まれてくるんだよ。間違えちゃだめよ。